So-net無料ブログ作成
検索選択

芸人集結!吉本「伝説の一日」

 きょう8日に吉本興業創業100周年特別公演初日「伝説の一日」が開催される大阪・なんばグランド花月(NGK)前に7日、数少ない当日券を求める徹夜組が登場した。朝から計4公演で、ナインティナインから笑福亭仁鶴(75)まで東西の若手、ベテラン芸人約140組が出演する史上最大の笑いの祭典。一番乗りはこの日午前10時から並ぶなど、客もヒートアップしている。

 レジャーシートを敷いてお菓子にお茶…といえばこの時期お花見だが、難波では少し違う。

 「けさ(7日朝)当日券があると知りました。ナイナイが見たいので、並べば確実やなと思って。午後5時ごろに来ました」

 4回の公演ごとに発売される当日券は合わせて数十枚。1回目公演のために並んだのは東大阪市の東洋子さん(26)と兵庫県尼崎市の梶本美紀さん(34)だ。オープニングに登場するナイナイらのユニット、吉本印天然素材の“復活”を見るため、前売り券を入手しようとしたが失敗…。当日券に懸けた。

 公演は、47都道府県と海外3都市の映画館など計100会場で同時生中継。東さんは映画館のチケットは入手済みだが、「生で見る方がいい。出てる芸人もすごい人ばかりやし、ほんまに伝説の一日やと思う」。別のOL2人組は「午後7時に来ました。明け方、気温が3度になると聞いたので耐えられる準備をしてきました」と寒さ対策もバッチリだ。

 4回目公演の当日券狙いの列では、さらに熱いファンの姿が。ダウンタウンの舞台「ポケットミュージカルス」で幕を開け、明石家さんま(56)が「さんまの駐在さん」でトリを飾る注目の公演だ。ダウンタウンらがこの日、NGKでリハーサルを行うなど“東京組”の出演者が続々と大阪入りする中、ファンも大阪入りしていた。

 「関東から深夜バスで朝着いた。『ごっつええ感じ』が好きで、ダウンタウンを生で見たくて。ダウンタウンとさんまが、ちょっとでもいいから絡んでほしい」

 大阪府藤井寺市出身で横浜市在住の杉森雅志さん(30)は、夢の“共演”に期待して午前10時に一番乗りした。

 どんな伝説が誕生するのか-。それぞれの期待を胸に、花冷えの難波で熱いお笑いファンが夜を明かした。
(この記事はサンケイスポーツから引用させて頂きました)

近代音楽と現代音楽の区分を設けず20世紀初頭からのクラシック音楽の流れを現代音楽ととらえる考え方もあります。20世紀以降のクラシック音楽は、時代的に見て大まかに近代音楽と現代音楽に分けられます。

近代音楽と現代音楽の境界をどこに設けるか、統一的な見解はありません。

しかし一般的には第二次世界大戦をもって近代音楽との境界とし、戦後を現代音楽として取り扱うことが多いのです。

スニーカー/メンズ/スニーカー/靴/新作/シューズ/レースアップ

スニーカー/メンズ/スニーカー/靴/新作/シューズ/レースアップ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。